1万人の成績表流出

佐賀県が全国に先駆けて導入した公立学校と生徒をつなぐ教育情報システムなどから、県立高校などの1万人超の生徒の成績表や、調査票などの個人情報が流出していたことがわかりました。
27日、システムに侵入して情報を盗み出したとして、佐賀市内の無職少年(17)を不正アクセス禁止法違反容疑で再逮捕します。
学校教育現場では電子教科書や電子黒板などを使ったICT化が一部で始まっているが、成績表など重要な情報が大規模に流出するのは初めてで、教育ICT化にも影響を与えそうです。
流出が確認されたのは、佐賀県内の県立高校など公立学校の生徒1万人超の情報で、生徒の氏名や成績表、生活態度を記した個人調査票、住所なども含まれていました。