「スター・ウォーズ」新記録

今月ついに公開が始まった人気SF映画スター・ウォーズの最新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のオープニング週末の興行収入が全世界歴代最高の5億2900万ドルを記録した。日本円で約641億円となる。「ジュラシック・ワールド」の5億2490万ドル(約636億円)を上回る新記録となった。
「現在の最終成績によると、『フォースの覚醒』は12月16日の公開以来。アメリカ国内の興行収入2億4800万ドル(約301億円)と世界の興行収入2億8100万ドル(約341億円)を合わせて5億2900億円を突破し、世界のオープニング興行収入の新記録を達成した」と、配給元のウォルト・ディズニー・スタジオが21日に声明を発表した。
待ちに待った公開で、リピーターも多いのだろう。2016年もスター・ウォーズ旋風は続きそうだ。

サンタ追跡サイト、今年もオープン

今年も2つのサンタクロース追跡サイトが開設されました。
アメリカのMicrosoftが支援する北米航空宇宙防衛司令部の元祖サイトとアメリカのGoogleの「サンタを追いかけよう!」というサイトが、それぞれ12月1日にオープンしました。
NORADが2012年にそれまで採用していたGoogleMapsからMicrosoftのBing Mapsに乗り換えて以来、Googleは独自のトラッカーでは初めてとなります。
サンタトラッカーは、基本的には12月24日にサンタさんが世界の子どもたちにプレゼントを届けるために北極を出発します。
トナカイのそりで飛び回るルートをなんと「リアルタイム」で追跡するのが目的です。
それぞれのサイトでは、24日まで日替わりで新しいゲームを公開。
また、クリスマスに関する情報を紹介したりとホリデーシーズンを盛り上げます。
この夢のある、サンタクロース追跡サイト、子供たちと一緒にご覧になってみてはいかがでしょうか。