北斗昌、検診の大切さを呼び掛け

先月24日、乳がんで右乳房全摘出手術を受けた元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さんが今月3日に退院し、埼玉県の自宅兼事務所で記者会見を行った。
夫の佐々木健介さんに付き添われて姿を見せた北斗昌さんは「通常は1週間くらいの入院なのですが、出血量が多くて3日ほど延び、退院させていただきました。これからは抗がん剤治療が始まります。やっと一歩進めた」とすっきりした表情で心境を語った。
毎年、乳がん検診を受けていた北斗昌さん。
「それが乳がんを一番信じられなかったもと。ブラインドスポットっていう写りにくいところがあるんです。親戚にも遠い親戚にも乳がんの人がいなくて、遺伝だと思って安心していた」とがんが判明した時の衝撃を明かした。
「ステージは極めて3に近い2でした。胸だけなら生存率は70%。万が一、脇に転移していたら5年後の生存率50%と言われました。それに負けないよう戦うので、胸を隠そうとも思っていません。みなさんが、北斗晶も頑張ってるから自分も頑張ろう!とか思ってくれたら、右胸をなくしたことも無駄にならないかな」と語った。身をもって、がん検診の大切さを伝えた。