バタフライ

バタフライといえば、プロレスファンなら蝶野でしょう。

水泳のバタフライについて。当時は平泳ぎの泳法規定は「うつぶせで、左右の手足の動きが対称的な泳法」と定められていました。
そこで1928年のアムステルダムオリンピックの開催時に、ドイツの「エーリッヒ=ラーデマッヒェル」が、現在のバタフライに似た手の掻きと平泳ぎの足の掻きを組み合わせた泳法で平泳ぎ競技に出場しました。
その後、1936年のベルリンオリンピックで数名の選手がこの泳法により好成績を収めると、1952年のヘルシンキオリンピックでは平泳ぎにおいて、ほとんどの選手がバタフライの手の掻きを用いるようになりました。
そこで国際水泳連盟は、1956年のメルボルンオリンピックから独立した種目として扱うようになったが、この時ある選手が膝を痛めて平泳ぎの足の掻きが出来なくなり、両足を上下に動かす現在の足の動き(ドルフィンキック)を考案しました。