「移民を受け入れる」というのは明らかに間違った考え方だ

財界人を中心として「もはや日本は移民を受け入れなければ維持できない」という考え方が広まっています。少子高齢化が進む中、働き手も少なくなってしまう ことが予想される中、介護人材の不足などが叫ばれています。そこで移民を受け入れようという話ナわけですが、そもそもこの考え方自体が間違っています。
海外の人達は日本が「どうぞ移民を受け入れているので来てください」と言えば、どっと押し寄せてくるわけではありません。移民する人たちが主体的に自分が 移民する国を選ぶのです。多くの国で移民が受け入れられ、労働力として利用されているのは御存知の通りです。あのドバイなどの中東地域の発展は海外から出 稼ぎに来た労働者が中心となって建設現場などで働いています。つまり中東の発展は海外からの出稼ぎ移民無くしては達成できなかったというわけです。中東以 外にもヨーロッパで言えばイタリアやドイツ、イギリス、そしてアメリカなどが受け入れています。
当然そこで色々な軋轢が生まれることもありますが、すでに移民無くしては産業が成り立たない国も多々あります。アメリカではすでにサービス産業や飲食業な ど、移民がいなければ成り立たないとされていますし、ドイツなども移民の人達が産廃関係などの3K仕事を請け負ってくれているから、産業が回っていると言 われています。文化や宗教の問題はあっても、今や切り離せないようになっています。
一方の日本はと言うと移民がいなくても今は何とかやっています。しかし今後は確実に少子高齢化が進むために、労働力不足が確実に考えられます。ですから移 民を受け入れる、という選択肢になるわけですがじゃあ移民を受け入れるとなった場合にアメリカのようにメキシコ人がすぐ来てくれるか?ドイツのようにトル コや東欧の人達がすぐ来てくれるか?というと、それは見通しが甘すぎるとしか言えません。
例えば日本の近くにはシンガポールがあります。上海があります。今後はタイやベトナムなどもどんどん成長していくでしょう。そんな中であえて日本にやって くる移民がどれほどいるでしょうか?たくさん稼ぎたいなら日本の様な終身雇用・年功序列の国よりも、可能性が高い中国沿岸部やシンガポールに行ったほうが 稼げる可能性は高いでしょうから、稼ごうという意欲のある人は現在の日本を選ぶとは思えません。
また日本の現在の制度では移民受け入れがスムーズに進むとは思えません。数年前からフィリピン人の看護師および介護福祉士の受け入れを始めていましたが、 現在までの5年間で約800人しか受け入れできていません(参照)。明らかに制度に不備があったことは間違いないですし、同じような方法で「日本語ができ て日本の資格が取れる人材を移民として受け入れよう」なんて考えていたら、日本に来て働きたいという人は限りなく少なくなります。
どうにも移民受け入れを叫んでいる人たちの論を見ていると、あたかも日本が「どうぞ日本に来て下さい」と世界中に発信すれば、こぞって多くの移民がやって くるかのように発言しているような気がしますが、そんなに簡単なものではないでしょう。外国人観光客の数を見れば明らかですが、あれだけ力を入れて「日本 に来てください!」と国や地方が力を入れてアピールしているのにもかかわらず、外国人訪問者数では日本は33位で年間1000万人すら訪問者を確保できて いません(参照)。
特に日本が求めている高度人材については明らかに世界で不足していて取り合いになっています。日本を通り越してアメリカの大学やヨーロッパの大学で学び、 エグゼクティブになる人達は日本にはなかなかやってきてくれません。それだけの環境が整っていませんし、アメリカのようにたくさんの報酬を得ることが難し い日本では尚更やってきてくれないでしょう。
移民受け入れ賛成派はそろそろどのようにして移民を受け入れるのか、その具体的な政策について議論すべき時に来ているのではないでしょうか。特に高度人材 についてはこのままではやってくる見込みが少ないでしょう。今はまだ必要な移民の数を確保するための戦略も全く見えてきません。そんな状況では移民受け入 れは成功するとは私には思えないのです。

 

日本は島国で元々が単一民族だけで暮らしていた国ですし、なかなか受け入れるのも難しいでしょうね。

外国人だから差別すると言ったこともないし、かえって親切にするんでしょうけど、なかなかお互いになじむまでは難しいのかも。

筆者が言っているように、日本になんか来ないかもしれない。

有能な人であればあるほど。

難しいですね。

隣国の人たちのように、頼んでもいないのにどんどんやってくる輩もいるのにね。

看護師の不足もまだまだ解消されないでしょうね。

看護師の不足を補う可能性を秘めている潜在看護師の方、看護師転職祝い金を利用し職探しをして、是非看護師に復職してください。

病院選び 85.8%が場所・通院のしやすさ

市場調査のヒューマが病院の選び方についてアンケート調査を行った結果、回答者(2430人)の85.8%が「場所・通院のしやすさ」で選んでいることが分かった。一方で、病院利用者は「医師の対応」や「待ち時間」の改善などを希望していることも分かった。5日発表した。

調査は昨年12月7日から今年2月10日までの間で実施され、10代以下が28人、20代257人、30代635人、40代872人、50代418人、60代以上220人の合わせて2430人が回答。男女比では男性740人、女性1690人が回答していた。

それによると、病院を探す時の基準(複数回答)として85.8%の人が場所・通院のしやすさをあげ、次いで専門科の有無(61.9%)、医師 (42.5%)、口コミ(37.4%)設備(25.1%)をあげた。利用者にとって、利便性が最も優先されていることが浮かび上がっている。

また、病院を探す時のタイプでは34.2%が病状や症状から選ぶとし、18.1%が専門科の病院、17.1%が街の病院をあげ、総合病院は15.9%、大学病院は3.4%と低かった。

同じ病院を利用したいと思うポイント(複数回答)では75.3%が医師の対応、65.8%が場所をあげ、40.2%が看護士の対応と、場所を除いては医療現場にいる医師や看護士への信頼関係を伺わせるものになっている。

また、現在あるいは過去に通院した病院についての満足度では69.6%が満足。ほぼ満足と回答。あまり満足していないは20%、不満は2.9%にとどまった。

 

まぁ、当然の結果ですよね。かかりたい診療科がないとか、大きな病院で診てもらうとか、やむを得ない事情を除いて、わざわざ自宅から遠い病院にかかりたいとは思わないだろう。

その他の調査についても、特に驚きはない。

あたりまえな回答が揃う調査をしてしまったんですね。

民間企業が行っている調査だから、誰かの依頼があったのかもしれないけど、なんとも当たり前すぎて・・・。

自宅から近いほうがいいのは、なにも患者だけではない。

働く側としても自宅から近いに越したことはないだろう。

今の勤務先が自宅から遠くていやだという看護師の方、 看護師 給料 高いを参考に転職を検討してはいかがでしょうか。

介護サービス事業に参入へ 伊豆箱根鉄道

伊豆箱根鉄道(三島市、中村仁社長)は30日、新たに介護サービス事業に参入すると発表した。第1号施設として2014年4月にショートステイとデイサービスの複合型介護保険施設を沼津市に開業する予定。
1号施設は鉄骨3階建てで、延べ床面積1995平方メートル。ショートステイは50室(全室個室トイレ付)で県内最大規模という。デイサービス施設は 最大50人の利用が可能。看護師らを常時配置し、提携病院や主治医と連携して利用者の健康管理体制を築く。同社の交通事業や観光施設を生かした独自サービ スの提供も計画している。
高齢化が進む中、介護サービスへのニーズが増えている状況を踏まえ、介護事業への本格参入を決めた。グループ会社の伊豆箱根交通が10年から始めたデイサービス事業の経験を生かす。
医療や介護のコンサルタントで実績がある名古屋市の企業と提携し、事業の充実を図る。
同社は「介護サービスを通じ、家族や高齢者が安心できる地域づくりに貢献したい。当社の事業の核となるよう介護施設の拡大を検討していきたい」としている。

 

これからの高齢化社会に向けて、本格参入ということですね。

グループ会社ではすでにデイサービスを始めているとのこと。

様子見ということではないんでしょうけど、まずはデイサービスから始め、今回は複複合型介護保険施設を開業する。

ステップアップみたいな感じですかね。

看護師を常時配置ですから、利用者からしたら安心な施設ですね。

こういった介護施設で働きたいと考えている看護師の方は、看護師 非公開求人を活用していただくといいでしょう。